剣道:すり足を私なりに考察してみた

すり足といえば剣道の基本。
皆さん、すり足ってどうしていますか?


お前は何を言ってるんだ!?は無しでお願いします、、、すみません、、、


最近地稽古をちょこちょこやるようになって、疑問の種が芽吹きすくすくと大きくなってきたのでした。



ここに至る経緯を説明すると。


かつての私、剣道を始めてすぐの頃〜割と最近までは「打突」については左足の足裏、というか指先を使って上体を前に送る、或いは蹴り出すようにしていました。
もちろん荷重を左足で受けて、ですが。


しかし、ここ最近になって左膝を意識するようになったのです。
指先の意識では体感的に末端の部分になってしまうためか、始動が遅いのです。
膝への意識、正確にはひかがみへの意識というべきか、ここに意識を持っていると当然ひかがみを伸ばそうとする意識が働くのと同時に、指先の蹴り出し(というか押し出し)と太もも筋力も同時に稼働させやすくなるため従来比よりは前進力が増しました。
これはなかなか良いわい、、、、と思っていたのでした。つい、最近までは。


そこで、話を元に戻して疑問が生じたのです。
遠間から打ち間に入る時、すり足で同じようにするのかどうか。


つまりは左足(左膝)に荷重を感じさせて上体を送り出す従来の方法では、、、なんとなく遅いのです。すり足速度であったり打突体勢への移行が。
私のすり足のやり方は実は間違っているのではないのか、そう思ったのでした。



ここで少し話が脱線しますが、すり足をやるにおいて初心者近い皆さんは割と大股で移動している方もいらっしゃるかと思われますが、どちらかといえばすり足は小股で進む方がより実践的です。大股を1歩とカウントするなら小股は半歩程度の歩幅です。
体の移動でも機敏さが生まれますし、実際相手の技を交わすには半歩ずれるだけで大抵は躱せるからです。それに小刻みに動く方が融通が利いてくるからです。要は便利だということ。
すり足の稽古をされている方がいらっしゃったら、次回から小股でやってみてください。案外先生の号令についていけるようになりますよ。



話を戻して、、、、
高段者の打ち間に入る姿勢をよくよく繰り返し見てみますと、遠間からズバッと大きく一歩、あるいは小さく一歩入って打突をするシーンがあります。が、何度見ても私には左足始動には見えないのです。
これは、ひょっとして、右足始動しているのではないかと。


右足始動というのは具体的には次のようになります。
順序としては、まず右足を前方に始動させます。当然上体も前方に移動します。その加速力(初速)を使って左足を蹴り出す(押し出す)ようにしているように見えるのです。


従来ですと左足で全体重とは言わないものの、ある程度の荷重を感じながらヨイショ!と体を押し出す感覚でしたが、右足の始動を意識すると右足が前に送られることで初速がつき、勝手に左足の蹴り出し(押し出し)が連動されるため、左足への負担が軽く感じるのです。凄くやりやすい。
それに、荷重が右足にあるため左足の引きつけも早くなり、移動後の構えの体勢にも移行しやすいのです。


微妙な世界の話かも知れませんが、これは私の従来のものとは全く違います。
ダイエットしているとはいえ、私の体を左足で押し出すなんて大変なのですよ、、、


もっと踏み込んで考えれば、これは打突時の始動も同じ考えで行けるのではとも思うのです。
瞬間的なことなので、あくまで意識付けにはなりますが。
今まではおへその下あたりを上向きにする動作を加えて少し前方に荷重が移動することを初速としていましたが、右足を前に出した後、ほんの少しのタイムラグを挟んで左足で押し出した方が、起こりが少なく、かつ左足への負担も軽く体を前方に送ることができるのではないかと。


この辺りは今後実戦で検証してみたいと考えています。
しかし、剣道って奥深いというか、難しいですね、、、、

"剣道:すり足を私なりに考察してみた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント