剣道:怪我をしない体づくりを。

みなさん、猛暑の中毎回の稽古ご苦労様です。 この湿度の高さ気温の高さは稽古中の集中力を維持するのも大変ですし、疲労も他の季節よりズシンとのし掛かってきますね。 今は各人の持つ目標は少し離して、体調の維持と管理につとめてください。体の稼働量もどうしても落ちてきてしまうため、場合によっては途中で稽古から離れて涼をとったり見取りに切り…

続きを読むread more

剣道:すり足を私なりに考察してみた

すり足といえば剣道の基本。 皆さん、すり足ってどうしていますか? お前は何を言ってるんだ!?は無しでお願いします、、、すみません、、、 最近地稽古をちょこちょこやるようになって、疑問の種が芽吹きすくすくと大きくなってきたのでした。 ここに至る経緯を説明すると。 かつての私、剣道を始めてすぐの…

続きを読むread more

この際だから所信表明

知る人ぞ知るブログ「はなずきんの日記帳」でご紹介に預かった関係で、今後瞬間的にアクセス伸びるか?など邪な事を考えてしまった訳ではないのですが、過去記事と重複しますが私の剣道記事についてのスタンスをここに改めて述べておきます。 気楽にご覧頂ければ。 私は、今年の8月を終える時点で剣道を習い始めて丸3年となります。ただそれまで仕…

続きを読むread more

打突、その更なる高みを目指して Part2

不定期掲載の実体験ドキュメント第二弾でございます。大げさです。 最小の努力で最大限の成果を! この私のモットーを文字通り実現してくれるとは、、、剣道歴3年弱の間に、これほど短期間で効果を上げたアイテムは他には無かった。こいつが壊れて役に立たなくなったら、私はゴミ箱に捨てずに車を走らせ直接ごみ処理場に連れて行ってあげるでしょう…

続きを読むread more

剣道:上体の崩れない蹴り出し方

前記事(「面打ち」を解析する)で骨盤部に力を溜めた状態で体を蹴り出し前進させて打突することを説明しました。 そしてあくまでその状態を保持しやすいよう、慣れるまでは「飛ぶ距離を小さくする」よう説明しました。 遠くに飛ぼうという意識は簡単に上体を前方に流れやすくさせるからです。 しかし、穿った見方をすればある事に気づきませんか…

続きを読むread more